お問い合わせへ

一般財団法人東京高等文化学園の取り組み

取組に関して 現代においては、各種日本文化の真髄や意義を伝えることなく技術ばかりを伝えて行く事が主流となっており、
それこそが日本文化の希釈化に繋がっています。

そこで、当法人では技術や作法の説明・指導だけではなく、歴史や各時代における変遷等を詳しく伝えていく事が重要であると考えています。

本当の和の心の意味を理解してもらい、和の心の在り方を共有できる場の提供をし、 本当の意味での伝統の承継につなげていく事、それが我が財団法人の方針であり精神であります。

茶道、華道、書道、絵画等に関する重要文化財に匹敵するような資料や道具等に触れる機会が数多くあるのも特徴です。
それらの物を見て触れ、実際に使用する事で、初心者や経験者に関わらず各文化の深みや 長い年月をかけて築いてきた歴史の重みを肌で感じてもらう事ができるかと思います。

文化や芸術の振興と承継を図っていくと同時に、コミュニティ活動の促進や地域社会の発展に寄与していく事ができる様、 今後も活動に尽力して参ります。
                                                                                                         代表理事 髙橋正直

ピックアップコンテンツ

banner
ホタル鑑賞会(毎年5~6月)

「ホタル観賞会」へ

banner
観桜会(4月)。

「観桜会」へ

banner
施設の貸し出しについて

「施設の貸し出しについて」へ

Copyright(c) SINCE2013 一般財団法人東京高等文化学園 . All Rights Reserved.